ボルダリング Tshun’s Blog

ボルダリング関連のコツなどを中心にまったり書いていく日記です

ムーンボード MoonBoard 世界レベルで戦おう

f:id:Tshun:20171223210038p:plain

 

ムーンボード(MoonBoard)をご存知でしょうか?

まだまだジムに置いているところは少ないですが、自分の今のレベルを確かめるためには良い壁だと思います。

 

最近ではMoonBoard Mastersで楢崎選手と野口選手が2位に輝いて話題となりました。

 

そんなムーンボードについて今日は書いていきます。

 

ムーンボード MoonBoardって何?

イギリス出身のクライマー、ベン・ムーンが考案したボルダリング課題です。

決まった傾斜角度(130°)・ホールドの種類・ホールドの間隔(20cm)で構成されています。

現在では世界中のジムに設置され、そのボードの中で様々な課題が作られています。

 

 

メリットと特徴

世界中で同規格の壁が使用されているので課題の難易度がばらつくことが少なく、自分の実力がわかりやすいということです。

日本ではジムごとに難易度が異なることが体感的に多く感じています。そのように感じておられる方にはぜひ挑戦していただきたたい壁です。

 

ホールドの特徴としては各ホールドは小さく、主にカチ、ピンチ、ポッケのホールドが多く、中級者から上級者向けだと思います。傾斜が130°ですから足も離れやすく保持力が問われます。

あと私感ですが、少し課題のホールド間隔が遠く感じることが多く、少しリーチがあったほうが有利?と感じることがあります。海外の方は背が高い人が多いので遠いのかもしれません。

 

ルールと登り方

ルールとしては通常のボルダリングと大きくは変わりません。

基本として足限定課題です。

現在17935課題用意されています。

ただし、ホールドには順番や色分けなどはされておりません。

そのためアプリをグーグルまたはIOSからダウンロードして課題を選ばないといけません。店によってはタブレット端末を用意してくれているところもあります。

 

また難易度は基本的にアメリカのVグレードまたはフレンチグレードですので注意が必要です。

 

アプリはこのような感じです↓。初期設定が必要になるので前もって設定しておいた方が良いです。

https://lh3.googleusercontent.com/sTsIliJjHog6e4fM7NhTuiwecY3dQiTT0iAGYNpmGigFWJkJiZuwfMNP7DtCj6OaPas=h310-rwhttps://lh3.googleusercontent.com/l6Mu60hOV2ljyWnGZc3UuTLz_tVgxEBexjhT0nJUA9GkRP9gSgj72KaX-LEaU2mBP14=h900-rw

 

play.google.com

 

 

ホールドを覚えるのが少し大変ですが、設備が整っているジムではLEDライトでホールドの位置を教えてくれるものもあります。

今年のMoonBoard Mastersの映像とトレーニング動画がわかりやすいので載せておきます。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

設置してある場所は?

関東圏内では比較的多く設置してある印象です。

下記のブログに場所がまとまっていましたのでご参照ください。

Moon board があるクライミングジム♪ (2016.1.22) Bouldering camp

 

まとめ

今回はMoonBoardについて書きました。

トレーニングとしても非常に有効ですし、

MoonBoardさえあれば、遠方の友人ともセッションも可能ですので、ぜひお近くにあるラッキーな方は利用してみてください!

世界レベルを体感してみましょう。