読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルダリング Tshun’s Blog

ボルダリング関連のコツなどを中心にまったり書いていく日記です

ヴォルケニック クライミング&フィットネス(Volcanic Rock Gym)海外のボルダリング経験2

クライミング日記

f:id:Tshun:20160831224137p:plain

 

 

今回は、Volcanic Rock Gymの続きとして「ジム紹介編」を書いていきます。

 

このような入り口で手続きを終えたらすぐに登ることができます。

 

入り口をからすぐに見えるのは

f:id:Tshun:20160901140357p:plainf:id:Tshun:20160901140751p:plain

 

 最新のトレーニング機器が多く並べられています。

その横にクライミング壁があります。

すぐ横に筋トレ器具があることで、トレーニングの一環としてもクライミングを取り入れていることが強く感じられました。ジムのコンセプトなのでしょうか?

実際に、筋トレしていたおっちゃんがホールドで懸垂していたりして、クライミングを身近に感じさせてくれるジムだなぁと感心していました。

 

 

日本だとクライミングだけになりがちですが、ここのジムでは会員登録すると、すべての体ケアがここでできてしまうんですね。最先端な感じです!

 

 

更衣室・ロッカーについて

ロッカーは地下にありますが、スタッフのお姉さんに聞くと、壁のところで着替えても大丈夫!って言われるので私はロッカーを利用しませんでした。ロッカーはない人は貴重品はカバンの中に入れておきましょう1

 

 

壁の紹介

f:id:Tshun:20160901140751p:plainf:id:Tshun:20160901143206p:plain

 

5面の壁があります。

左から垂壁・弱傾斜壁・170°壁・傾斜壁(115°ぐらい)・一番奥も垂壁でした。

高さは日本と変わらないですね。

ちなみに矢印の奥にトイレがありました。  

 

そして、一番驚いたのが天井にボテ!

f:id:Tshun:20160901151042p:plain

 

近くの壁からボテに飛び移るランジムーブが設定されていて360°使うことができます!

これは私は初体験で、かなり新鮮でした。

 

 

 

床に関して灰色の部分はあまり跳ねないトランポリンのような素材で、登るときは青いマットを準備して登ります。

なので、日本みたいに全面マットではないので少し気を使いながら慎重に登らないといけません。

 
 

日本との違い

f:id:Tshun:20160901144717p:plain

 登り終えて気づいてのですが、靴は脱がなくても大丈夫です。
条件反射的に脱いでいて、少し恥ずかしかったです。ORZ 笑
トイレも自分の靴で大丈夫ですよ。
 
 
 
まとめ
今回実践編と言っていましたが、店の紹介だけで長くなってしまいましたので、ボルダリング実践編として次は必ずボルダリング記録を書きたいと思います。
申し訳ありません!。
 
 
続きです。今度こそ実践編を書きました!動画も少しあります。

tshun.hatenablog.com