ボルダリング Tshun’s Blog

ボルダリング関連のコツなどを中心にまったり書いていく日記です

ボルダリング あなたは靴下派?素足派?

 

f:id:Tshun:20160730182524p:plain

出典 yamahack.com

今日はボルダリングシューズを購入する時に悩む靴下について。

 

ボルダリングシューズは靴下を履くの?履かないの?

ボルダリングを始めたばかりの人は、お店からレンタルシューズで登っていると思います。そろそろ本気で趣味にしようと思うとまずはシューズの購入を考えますよね。

今ままでレンタルシューズでは靴下を履いて使っていたと思いますが、自分専用のシューズでは靴下を履かなくてもOK!となります。

しかし、靴下を履くか履かないかで靴のサイズも違ってきます。

そのため、靴下を履くか?履かないか?という選択は靴選びでも重要となります!

今回はそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

ボルダリングシューズに靴下を履かない選択

ボルダリングジムで観察している限り、8〜9割は素足で履いている印象です。

素足で履く理由は何でしょうか?

ホールドに立つ感覚がダイレクトにわかる。

これが一番の理由でしょう!

靴下を介さない分、足に感覚が伝わりやすいとの意見が多いようです。そこまで大きな違いはないと思いますが。

上級者になるにつれて、シビアなホールドに乗らないといけない場面が多くなり、細部まで気にしなければいけないため、素足が好まれます。

靴との密着性を限界まで高める(スペースをなくす)

ボルダリングでは普通の靴よりも1〜2cm程度小さいものを選びます。

靴と一体となることでホールドに乗った時に靴の中で足がズレないようにすることが大事だからです。靴下を履くと靴下の布と足との間でズレることがあるそうで(経験したことはないです)、素足が好まれることが多いです。

 

靴下を履くのがめんどくさい

意外とこの理由は多いと思います。靴下を忘れたときなども、再度購入することが煩わしいですね。私は早く登りたいときは靴下の準備もめんどくさいと思います 笑

 

 

靴下を履く理由は何でしょうか?

衛生面が気になる

大きな理由ですね。ボルダリングシューズは基本的に劣化を防ぐために、丸洗いをする人は少ないと思います(最近、洗えるシューズが出てきていますが)。

靴下を挟むことで、皮脂や汗が靴に直接つきにくく、乾きも早そうです。

また近いうちに、消臭剤や除菌グッズも紹介したいと思います。

 

色移りを防ぐ

f:id:Tshun:20160731003311p:plain

これは私もシューズ選びでかなり、悩みます。

靴の染料が素足だと肌に移ってしまう場合があります。

特にこの5.10のモカシムなどは染料がもろに足に移ってしまい、2日間は色が残ります。とても良いシューズなので、このリスクを防ぐために靴下の装着をすることもあります。

シューズを購入する前に店員さんに色移りは確認しましょう。

 

伸びたシューズに合わせる

シューズを履いていると、はじめはピッタリでもシューズが伸びてしまうことがあります。これでは靴と足の間で隙間ができてしまい、靴の性能を引き出せません。

そのため靴下を履くことで、サイズを最適化できます。

 

 

まとめ

色々書きましたが、どちらを選ぶかは、やはり好みに尽きると思います。

どちらがボルダリングに最適かは言えないですね。

私も何度か靴下を試しましたが、特に気になる差はないと思います。

最近はクライミング専用の靴下があり、履きやすさとフィット感に定評があるので興味のある方は試してみてください。

 

あなたはどっち派ですか?